マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2019年度版を公表

広告からデータ管理、CRMまであらゆる領域のマーケティングテクノロジーを独自調査、13分野930テクノロジーを掲載

デジタルマーケティングを支援するアンダーワークス株式会社は、昨年公表した2018年版マーケティングテクノロジーカオスマップを大幅にアップデートし、国内主要マーケティングテクノロジー13分野930テクノロジーの一覧を「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」として公表しました。

 

マーケティングテクノロジーとは

マーケティングテクノロジーとは、セールス・マーケティング領域における様々なテクノロジーを指します。(テクノロジーを活用したツール、メディア、データ、デバイス、サービスなどを含む)

近年、生活者や企業のデジタルシフトによって、顧客接点のデジタル化が益々進んでいます。それに伴い、マーケティングデータの活用やオートメーションを支援するマーケティングテクノロジーが爆発的に増えてきています。全世界のマーケティングテクノロジーは、chiefmartec.com においてスコットブリンカー氏によって取りまとめられた「Marketing Technology Landscape Supergraphic 2019」によれば、7,000以上存在すると言われています。

 

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」の特徴と公表の狙い

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」は、昨年に引き続き、アンダーワークスが独自調査を経て取りまとめたもので、国内で利用可能なマーケティングテクノロジーのうち、主要なものを13分野に分類し、930種類のテクノロジーとして一覧化し、2019年現在の日本国内における主要マーケティングツールを俯瞰できる内容になっています。

2019年度版カオスマップでの掲載テクノロジー数は、2018年度の485テクノロジーの約1.9倍に増加し、既存分野の名称やカテゴリー(小カテゴリーの数は65→96に増加)の見直しも行いました。ツール数の増加だけでなく、分野の中身も大きくアップデートされ、新たにインサイドセールスやオンライン商談ツール、マーケター・IT担当者向けの社内業務最適化・自動化・開発に関連するツールなども掲載しています。加えて、SalesforceのTableau買収、GoogleのLooker買収などからビッグデータ企業がBIツールを買収するトレンドや、チャットボットツール数急増の傾向など意味深いトレンドも窺えております。

本カオスマップでは、製品/サービスのロゴだけでなく、製品名/サービス名を併記し、掲載されたテクノロジーを検索、比較・検討の支援となることを狙っています。それにより、企業のマーケティングテクノロジー導入が成果につながるようになることを期待しています。

 

PDF資料のダウンロード

本「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2019」は、PDF形式で以下のURLからダウンロードすることが可能です。ダウンロードには、Eメールアドレスと姓を登録する必要があります。

https://www.underworks.co.jp/download/wp-chaosmap-2019/

Related Post

日経XTECH...

日経XTECH ACTIVE –...

日経XTECH...