デジタルマーケティング戦略立案

「デジタルシフト」時代のマーケティング戦略

Eメール、ネット広告、ソーシャルメディア、スマートフォン、ブランドサイト、コミュニティサイト・・ 企業の顧客接点はますますデジタル化し、コーポレートサイトが中心だった時代から大きく変容しています。

これらは企業にとって重要な顧客接点であり、自社でコントロール可能なオウンドメディアです。そして、日々進化する新しいテクノロジーを活用していくことが求められています。 アンダーワークスは、様々な顧客接点・テクノロジー・メディアを統合したデジタルマーケティング戦略の立案・再構築のお手伝いをしています。

デジタルマーケティング戦略とWEB戦略の違い

デジタルマーケティング戦略とWeb戦略とは何が違うのでしょうか。 Web戦略とは一つのWebサイトに閉じた中で、どのような方針で運営していくのかということを意味します。 これに対して、デジタルマーケティング戦略とはより広い概念です。

特定のWebサイトだけではなく、ブランドサイト、ECサイト、コミュニティサイトなど複数のサイトを包含します。また、自社Webサイト以外に、Eメールやネット広告、ソーシャルメディアなど自社以外のメディアも含みます。また、効果測定方法やコンテンツ管理プラットフォームなど運用オペレーションやインフラも含んだ意味で使われることがあります。 コーポレートサイトからECサイトまで全てのデジタル接点を統合するデジタルマーケティング戦略を策定することで、全社でシナジーを出すことを目指します。

垣根が曖昧になりつつあるソーシャルメディアと広告

サイトへの流入の多くがソーシャルメディア経由となっているWebサイトが存在してきています。

集客にはリスティング広告とSEOを行っていれば良い、という考え方だけでは十分ではありません。 逆に、facebookなどのソーシャルメディア上に広告を出す企業も増えてきました。

商品やコンテンツへの共感をfacebookやTwtiier経由で拡散させることも普通に行われてきています。 トリプルメディアを別々に分けて考えるのではなく、シナジーを生む戦略を描くことが重要だと考えます。

様々なアプリケーション・テクノロジーをどのように効率良く活用していくか

コンテンツを管理するCMS(コンテンツマネジメントシステム)、メール配信ツール、アクセスログ解析ツール、レコメンド表示のASP、サイト内検索ツール・・ 大規模サイトの運営には、様々なアプリケーションが利用されています。

そして、新たなテクノロジーが日々生まれ新しいアプリケーションが採用されています。 こうしたアプリケーションやツールの基盤を全社でどのように採用し、活用していくのかもデジタルマーケティング戦略の重要な論点です。

スマートフォンを活用したリアルチャネルとの連携も

O2Oという言葉が使われ始めて久しいですが、デジタルとリアルの融合は今後も大きな戦略のテーマになっていくと考えられています。

特にスマートフォンを利用して、これまでの単なる情報のやりとりだけではなく、スマートフォンならではの顧客体験を提供していくことは非常に重要なポイントとなります。

Webサイトの焼き直し・抜粋ではなく、モバイルならではの顧客接点をどう作り上げていくのかも、重要なデジタルマーケティング戦略になります。

Webマーケティング戦略立案の際の重要なポイント

どんなWebサイトを作るかではなく、どう事業に活用できるかが戦略

Webマーケティング戦略立案において重要なのは、あるべき姿の策定や達成すべきゴールを明確にすることです。

Webサイトのリニューアルに際しては、「どのようなWebサイトにするのか」から考えてしまいがちですが、戦略立案に際しては、経営/マーケティングの観点で収益や顧客満足等にそう結びつくのかを考えることが重要です。

アンダーワークスでは、単にWebサイトのリニューアル企画を作るのではなく、経営/マーケティングの観点から事業に貢献するためのWebマーケティング戦略立案のご支援をしています。

顧客、競合、自社。3Cの視点からWebマーケティング戦略を考える

めざすべきゴールとゴールに向けた戦略を描く際には、自社が認識している課題だけでなく、顧客や競合他社を考慮に入れることが有効です。アンダーワークスでは、顧客、競合、自社の3つの観点からあるべき姿と戦略を描くアプローチをとります。

顧客視点:顧客のニーズと来訪のゴールを明確にしWebマーケティング戦略のインプットとする

Webサイトにはどんな人々がどんなニーズ/目的を持って来訪するのでしょうか。 顧客の来訪目的は、商品の理解からキャンペーン応募、FAQの閲覧など様々です。

そうしたニーズ/目的に応じた流入施策、サイト構造、コンテンツを考える必要があります。 そのために、御社のターゲット顧客へのアンケートやグループインタビュー、流入キーワードなどを通じて、顧客ニーズを明確にします。

自社視点:社内に蓄えられたニーズや課題をヒアリング

Webサイトを運営している部門が単一部門に限られるという企業は稀です。大手企業の中には数百のサイト運営担当が存在する企業もあります。

そうした場合、主管部門が抱えている課題と他部門が抱えている課題が大きく異なることがあります。

Webサイト担当部門だけでなく、営業部門や広報部門、情報システム部門など他部門と直接・何度もヒアリングの場を持つことで、社内に存在する自社ニーズ/課題を明確にすることを行います。これらをWeb戦略のインプットとします。

競合視点:他社の動向からヒントを得る

競合他社の取組みをベンチマークし、自社の顧客に提供すべき機能やコンテンツの競争力を把握します。

また、デジタルマーケティング施策の先進的な取り組みを参考にし、新たな取り組みへのインサイトを得ることができます。

WebマーケティングのROIから優先度が明確な戦略を立案する

Webマーケティングの費用対効果を測定することは非常に難しい分野ですが、戦略立案フェーズにおいて、どのような施策の効果が最も高いのかを考慮し、施策に優先度をつけていきます。

優先度の軸は、効果・コスト・時間・フィージビリティなどとし、次フェーズにおいて何を実行していくべきなのかのアクションプランに落としていきます。

2017年1月5日