キャリアストーリー紹介

I. A. (アソシエイト)

プロジェクトを通して関わる仕事内容は想定以上に幅広い。日々いろんなマーケティングテクノロジーに触れながら成長を実感・・・

【Profile】2014年に企業情報データベースのベンダーに入社。1年間の営業業務を経て、自社サービスの導入コンサルティングに従事。上場大手を中心としたBtoBクライアントに対し、保有する多種多様なデータベースのクレンジング、マネジメント、営業/マーケティング活用、システム連携の提案・実行支援を中心に担当する。新規チームの立ち上げ、リーダーとしてのマネジメントも経験する。

アンダーワークスに入社するまでの経歴を教えてください

大学時代はマーケティングを専攻していました。そのため、学生の頃からこの分野に興味を持っていたのですが、その中でもDBマーケティング支援事業に興味を持ったことがきっかけとなり、企業情報のDBを扱うベンダーに入社しました。入社後は、自社ツールの導入コンサルを約3年ほど経験しました。

どうしてデジタルマーケティングの世界に
興味を持ったのですか?

前職で自社ツールの導入プロジェクトを経験する中で、複数のツール同士の連携を伴う対応がありました。その際に自社ツール以外の様々なマーケティングテクノロジーに触れ、今後のこの分野の発展の可能性を強く感じ、本格的に仕事としてやっていきたいと思ったことがきっかけです。
まだまだこの業界は歴史が浅いので、自分の考えや取り組み、事例が将来の業界のデファクトスタンダードに出来たら面白いんじゃないかと考えました。

様々なコンサルファームがある中で、アンダーワークスを選んだ決め手は何でしたか?

転職エージェントや、代表、マネージャー陣との面談時に様々な話を聞き、この会社なら様々なマーケティングテクノロジーを扱えそうだと強く感じたのが決め手です。自社ツールを持っていないので、特定ツールに依存せずクライアントに最適なソリューションを提案出来るところが強みであり魅力だと思います。
会社の方針としても、先進的なテクノロジーを積極的に取り入れる文化があるので常に時代の最先端に触れられそうだとも思いました。

実際にアンダーワークスに入社してみて入社前とのギャップはありましたか

元々幅広いテクノロジーと関わることを期待していましたが、実際のプロジェクトではCDP/DMP/MA/BIの上流から下流まで想定していた以上に様々なテクノロジーに触れられています。そういう意味では良い意味でのギャップはあったかもしれません。
0からその分野を学ぶ機会も多く、大変ですが良い経験ができていると思います。

仕事において前の経験を活かせている点、新しく身についた点は何ですか?

前職でツールの導入(他ツール連携含む)の経験があったので、新しいテクノロジーに対して苦手意識は特にありませんでした。新しいテクノロジーに触れる度に知識が増え、資格取得にも励むようになりました。また、データベースを扱っていたので、その時に勉強したSQLの知識が現在のBI系プロジェクトで非常に役に立っています。
新しく身についた点は、ドキュメント作成能力やファシリテーション能力でしょうか。コンサルタントはアウトプットの品質が求められます。一定以上の品質を担保することを以前より意識するようになりました。

今後のキャリアパスや目標を教えてください

まだまだ周囲のメンバーに必死に付いていっている状態だと感じているので、プロジェクトをリード出来る立場を目指しています。現時点でのキャリアパスとしては、今後もコンサルタントとして様々なクライアント支援に関わっていき、自分のコンサルタントとしてのカラーを確立していきたいと思っています。

最後に、どんなメンバーと働きたいですか?
今後アンダーワークスへの入社を考えている方に一言お願いします

マーケティングテクノロジーに限らず、新しいものへのアンテナが強く、それを自分なりに解釈して周囲に広めていくのが好きな好奇心旺盛な人にはオススメの会社だと思います。皆様の持つ知見を聞くのが、とても楽しみです。

Recruitment

採用TOP

会社紹介

仕事紹介

社内の雰囲気

求める人物像

ご応募をお待ちしています

Are you Ready to work with Us