CDP(Customer Data Platform)

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは、行動データなども含む様々な顧客データを一元管理し、なんらかのキー・識別子で顧客(人)ベースでデータが統合されているデータベース。色々なマーケティングツールから参照されてマーケターがマーケティング施策実行に活用できるものです。
CRMやカスタマーサポート、MA、Web行動などアノニマスのユーザーも含めてデータを統合し、カスタマー一人ひとりの顧客像を描くことでそれぞれの人に最適化されたコミュニケーションを実現するための核となるツールです。

アンダーワークスのCDP活用支援の特徴

CDPの導入や活用を行うためには、データをどのように統合しどのように活用するかという戦略をベースとして、戦略を実行するためにどんなデータをどのように蓄積・統合・加工・分析していくかというデータマネジメントの視点と、そこからEメールや広告配信などのアクションへつなげるためのマーケティングツールの知識が必要となります。

アンダーワークスでは特定のベンダーに偏らず中立な立場で豊富なデジタルマーケティング支援プロジェクトの実績をベースに、戦略策定からCDPの選定や導入、活用支援を必要に応じてご支援することが可能です。