SDL Tridion Sites

White paper:CMS

CMS導入簡単理解ガイド&厳選CMS機能比較

SDLは、1992年にイギリスで設立された企業で、CMSだけでなく翻訳支援ソフトなどで有名なソフトウェア企業です。Tridionというブランド名は最近「SDL Web」と改称され、デジタル体験の向上を支援するパーソナライゼーションの機能が充実してきています。 SDLの特徴は、何と言ってもグローバル対応とローカライゼーションです。グローバル企業が全世界のWebサイトの管理・翻訳などをスムーズに行うことができるよう、グローバル関連機能が充実しています。

多言語展開

Webサイトのグローバル展開、コンテンツのローカライゼーションにおいては群を抜いて優秀なCMSです。SDL社が提供している翻訳管理ソリューションが統合されており、翻訳ワークフローで編集、レビュー、公開までの翻訳業務を管理できるため、翻訳担当者が直接CMS上で作業することが可能です。

BLUEPRINTING

コンテンツを「親」と「子」の依存関係で結びつけることで複数のWebサイトでナビ、構造、機能、デザイン、コンテンツと翻訳を継承して再利用することができます。これによりコンテンツ間の更新を同期することでコンテンツの品質と一貫性を保つことが可能です。

柔軟な導入環境

SDL Tridion Sitesは、オンプレミス、ハイブリッド、またはクラウドの環境で利用することが可能であり、企業のインフラやセキュリティ要件に基づいて柔軟にインストール方法を選ぶことが可能です。

お問い合わせ

SDL Tridion Sites に関するお問い合わせはこちら