デジタルマーケティング
戦略立案
Digital Strategy

あるべき姿に向けたロードマップを描く

お問い合わせ

デジタルマーケティング戦略立案 に関するお問い合わせはこちら

エクスペリエンスを重視した
デジタルマーケティングへ

デジタル広告、ソーシャルメディア、スマートフォン、Eメール、ECサイト・・顧客接点は多様化し、大きく変化しています。

また、日々進化するテクノロジー、膨大に蓄積される顧客データなどデジタルマーケティングへの取り組みはますます複雑化しています。

アンダーワークスは、様々な顧客接点・テクノロジー・メディアを統合したデジタルマーケティング戦略の立案のご支援しています。

様々な課題に
戦略立案フェーズからご支援します

例えば・・

個別最適からの脱却

個別施策・取り組みを見直し、企業全体で統合的なマーケティングを実施したい

中期戦略の立案

直近の取り組みだけでなく、3年後を見据えたデジタル施策の方向性を定めたい

顧客データ活用

データを活用し、One-to-Oneマーケティングやオムニチャネルを実現したい

戦略立案の視点・スコープ

顧客ターゲットからKGI/KPI指標、テクノロジーから様々な顧客接点まで、幅広い視点でデジタルマーケティング戦略の立案をご支援します。

ターゲット顧客

ゴール・KPI

顧客接点・メディア

テクノロジー

顧客データ

業務・運営体制

アプローチ

現状課題As-Isとあるべき姿To-Beからギャップを明確化し、ロードマップを策定していきます。

現状を理解する

あるべき姿を描く

ギャップを明らかにする

ロードマップを定める

現状を理解する

  • これまでの取り組みは?
  • 課題認識は何か?
  • 現状の顧客接点の役割は?
  • 利用可能なシステム・データは?
  • 前提条件は?

あるべき姿を描く

  • 実施すべき施策は?
  • 得られる効果は?
  • 提供すべき顧客体験は?
  • 活用すべきデータは?

現状とのギャップを明らかにする

  • ボトルネックは?
  • 優先度が高いものは?
  • フィージビリティは?

ロードマップを定める

  • いつまでに実現するか?
  • 今年度中にどこまで実現するか?
  • まずどこから始めるか?

関連する事例

某通信事業者
BtoBデジタルマーケティングのあるべき姿とロードマップ策定

顧客とのデジタル接点の重要性が増す中で、顧客データの活用とデジタルマーケティングへの取り組みをどう加速させるか。目の前の課題だけでなく、業界トレンドや先進的なテクノロジーへの知見をベースに、数年後のあるべき姿を描き、何に優先度を置き、どのようなロードマップで実施していくのかを戦略として取りまとめました。

某通信事業者
データを活用したインサイドセールスから案件獲得増加支援

BtoBにおけるアウトバウンドコールの確度を増加させるため、自社データ(1stPartyデータ)と外部データ(3rdPartyデータ)を組み合わせ、今架電すべき顧客を抽出。勘に頼っていた架電優先度をデータドリブンに変革し、多くの案件をインサイドセールスから創造しました。

サービスに関するお問い合わせ

ご相談・ご質問ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
個別相談にて詳しい内容をお話しさせていただきます。

CONTACT US

セミナー・イベント情報

【12月11日開催・無料セミナー】みんな悩んでいる!DX実現のためのマーケティングテクノロジースタック構築
【(終了)11月28日開催・無料セミナー】貴社のデジタル施策はなぜ上手くいかないのか?課題を紐解くデジタルガバナンスモデルを知る

ニュース

電通デジタル、Arm Treasure Data、パーソルプロセス&テクノロジー、アンダーワークス、NODEの5社が協業 ―企業のリテンションマーケティング支援サービス 「カスタマーサクセス・プロトタイピング」を本格稼働―
講演「日本企業総カスタマーサクセス化に向けたオープンエコシステム」のお知らせ