マーケティングテクノロジースタック
基盤構想
Marketing Technology Stack

様々なマーケティングツールを組み合わせて自社のマーケティング基盤に

お問い合わせ

デジタルマーケティング戦略立案 に関するお問い合わせはこちら

マーケティングテクノロジー
スタックとは

様々なマーケティングテクノロジー(ツール)の組み合わせたマーケティング業務の基盤を「マーケティングテクノロジースタック」と呼びます。

多くのマーケティングツールが必要とされる背景から、マーケティングテクノロジースタックのポートフォリオを戦略的に行っていこうというトレンドが大きくなってきています。

アンダーワークスブログ
デジタルマーケティングジャーナル

増え続ける“マーテク”

顧客接点がデジタル化するに従い様々なツールがマーケティング業務に活用されるようになってきています。その数や種類はどんどん増え続けています。

断片化するツール

マーケティングツールの新規採用が個別最適で行われることで、企業全体でのマーケティングツールが断片化しつつあります。

基盤として連携が必要

顧客の行動が様々なチャネルを行き来する中、マーケティングツールも企業全体で統合的に管理・活用されていく必要があります。

幅広いマーケティングテクノロジーの知見

広告からCMS、マーケティングオートメーション、セキュリティまで幅広い領域のマーケティングテクノロジーの知見があります

アドテク

DMP

MA

CMS

CDP

アナリティクス

マーケティングテクノロジーの知見と実績

広告から基盤まで幅広いマーケティングテクノロジーの経験と実績ががあります

アプローチ

現状課題As-Isとあるべき姿To-Beからギャップを明確化し、ロードマップを策定していきます。

お問い合わせ

デジタルマーケティング戦略立案 に関するお問い合わせはこちら